ブリアンの成分は安心?

MENU

赤ちゃんでも安心して使えるブリアンの成分のヒミツ

ブリアンの成分

 

ブリアンは、歯の生え始めた赤ちゃんから使える歯磨き粉です。

 

子供用歯磨き粉はたくさんありますが、ゆすがずに唾液をだすだけでも良いので
ゆすぎができずに飲みこんでしまう子にも安心です。

 

また、仕上げ磨きやテレビを見ながらだと吐き出せずに飲みこんでしまうことも。

 

「まぁ、ちょっとくらいいいか」

 

そう思っているかもしれませんが、子供用歯磨きでもオススメできない成分が
入っているんです。

 

そんな成分を心配しているママたちが選んでいるのがブリアンなのです。

 

→ブリアンを使ってみた人のリアルな口コミはこちらから。

 

 

ブリアンの成分はシンプル

 

ブリアンの全成分は

  • デキストリン
  • フルクトオリゴ糖
  • エリスリトール
  • 乳酸菌
  • 香料

 

成分は一番多い順番から書かれているので、香料は本当に少ないのがわかります。

 

ちなみに虫歯菌除去成分の「BLIS M18」は乳酸菌と表記されています。

 

あとは?と言うと、デキストリンはデンプンで、エリスリトールは天然甘味料ということで、
フルクオリゴ糖とエリスリトールは「糖」ですが、虫歯の原因になる糖ではありません。

 

 

安心・安全成分で余計なものは入っていません!

 

ブリアンの成分を見て、市販の歯磨き粉に使用されている多くの物が入っていないと
気付く人もいると思いますが、下記のものが使用されていません。

 

ブリアンの成分

 

とにかく優しい成分にこだわっているから、歯が生え始めた赤ちゃんでも安心して
愛用することができるのです。

 

 

どうして○○を使用していないの?

 

ブリアンの成分、そして使用されていない成分を見て「あれ?」と思う人もいますよね。

 

歯磨き粉なのに

  • フッ素
  • 殺菌剤
  • 発泡剤
  • 研磨剤
  • 界面活性剤

 

などが入っていないと言うこと。

 

発泡剤や界面活性剤に「ラウリル硫酸ナトリウム」が使用されていることがありますが、
実はとても危険でシャンプーなどでもよくないと言われている成分です。

 

体内に吸収されると害があるのですが、口内からの吸収率は皮膚の10倍とも言われていて、
海外では禁止されている国もあるくらいなのです。

 

「そんな成分が子供用歯磨き粉に!?」

 

そう驚く方もいるかもしれませんが、使用されていることもあるのです。

 

これらの成分がブリアンに入っていないのは、安全性へのこだわり、
そして「BLIS M18」がとても弱い菌で死滅してしまうから。

 

これらの成分が配合されている歯磨き粉などの併用はNGです!
ブリアン以外の歯磨き粉やうがい薬を使ってしまうと、効果がなくなるので気をつけましょう。

 

フッ素や発泡剤、研磨剤が入っていないのなら、使うのをやめようかなと思うかもしれませんが、
そのような原料はハッキリ言って不要です!!

 

もし必要だったら、成分を省くということはしないでしょう。

 

研磨剤は傷つけてしまうし、発泡剤はキレイに磨くのを邪魔したり苦しくなってしまうし、
フッ素は虫歯菌除去ができるわけではありません。

 

 

まとめ

 

ブリアンの成分を見て「頼りないんじゃない?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

口の中に入ってしまった虫歯菌を除去してくれる成分は?と考えれば、これまでの歯磨き粉には
使用されていないのがわかります。

 

『虫歯で辛い思いをした経験から気を付けていたのに、子供も虫歯になってしまった。』

 

そんな経験から開発されたブリアンだからこその満足度97.5%。

 

 

安心出来る歯磨き粉がいい。

 

でも、優しいだけじゃなくて虫歯ケアもしっかりしたい!

 

ブリアンは、そんな方の強い味方と言えますね。

 

⇒使っている人の評価は?気になるブリアンの口コミはこちら